FC2ブログ


京都・室町二条 山田保延堂

京都で大般若経本と御朱印帳を手作りしています。

高松神明神社の御朱印をいただいてまいりました。

20171014-takamatsushinmeijinja.jpg

神明さんは大変由緒正しい神社です。

小さくひっそりとしていますが、見かけでは判断できません。

いただいた由緒をなんとかまとめてみますと、

○祭神

天照大神
八幡大神
春日大神

「高松殿の旧跡にして、御鎮守の御社なり」と古い記録に書かれています。
拾芥抄という本に「高松殿。姉小路の北。西洞院の東。高明親王の家と書かれています。

ということで、

元々は大きく、親王様のお住まい、
それから娘さんが嫁がれた先の藤原家のお住まい、
近衛天皇の御所「高松内裏」となったり、
後白河天皇が即位をされたり、
天皇家ゆかりの方々がお使いになります。

その後、乱世になり、
保元の乱は天皇方が勝ちましたが、
平治の乱で院御所は消失、邸内に祀られていた鎮守社が高松神明として残り、

それが、時代を越えて、引き継がれていくこととなります。

その後、豊臣秀吉の都市計画の影響を受け、移転と縮小をさせられたり、

江戸時代は火災にあったり、

苦難の連続です。

明治時代には村社になりました。

そして、その名残は今も…。

毎年十月第三日曜にはお祭りがあって、子供さんが御神輿をかつがれます。

ここまで、「開運厄除の神明さん ご創建は九百二十一年 高松神明神社由緒略記」を、
山田保延堂当主家内が、無理やりコンパクトにまとめました。
乱文お許しください。

真田幸村の知恵の地蔵尊については、上の話と混じるとややこしくなるので、ここでは省略します。
ファンの方、ごめんなさい。



▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


山田保延堂(YAMADAHOENDO)(やまだほうえんどう)

Author:山田保延堂(YAMADAHOENDO)(やまだほうえんどう)
京都・室町二条にて、手づくり御朱印帳と大般若経本の製造販売に従事しております。

明治後期より、同じ場所で、木版印刷によるお経本を作り続け、現当主で四代目になります。

御朱印帳は、工程に合せた濃さの糊を少量ずつ焚き、数日で破棄するなど、多くの部分でお経本作りと同じ製法で、一冊一冊手作りしております。

実店舗においては、お客様のお持ち込みの紙または布でも別料金にて作らせていただいております。

どうぞお気軽にお越しください。
・・・・・・・・・・・・・・
《住所》京都市中京区室町通二条下る蛸薬師町270
《郵便番号》〒604-0021
《TEL》075-231-5408
《Email》yamadahoendo@yahoo.co.jp (お仕事のメールはこちらにお願いします。)
《アクセス》京都市営地下鉄烏丸線・東西線烏丸御池下車、2番出口から直進・最初の信号を右折、最初の四つ角を直進、右側。(「然花抄院」様向かい)


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク


このブログをリンクに追加する


検索フォーム



RSSリンクの表示