FC2ブログ


京都・室町二条 山田保延堂

京都で大般若経本と御朱印帳を手作りしています。

しこんや様の「至高の逸品」で山田保延堂が紹介されました。

これを見れば山田保延堂がわかる!
株式会社いにしえのジェームス・リー・マギル社長による四代目当主山田健一へのインタビュー記事です。
たくさんの画像と共に、山田保延堂の歴史や今年から開いた工房兼店舗について、たっぷり紹介されています。
ぜひご覧ください!

至高の逸品



山田保延堂のツイッターもよろしくお願いします。




然花抄院様でお餅つき

こんにちは!山田保延堂当主家内です。

師走はなにかと忙しいですね。

昨日はお向かいの然花抄院様でお餅つきをやっておられました。
お誘いくださったので、夫が参加させていただきました。
ありがとうございました!





毘沙門堂の御朱印をいただいてまいりました。(その3)

20161130-bishamondo-12.jpg

毘沙門堂の縁起についてはこちらをご覧ください。

拝観料が要ります。
仁王門を入ってすぐのところで御朱印帳を預けてお参りをして、宸殿襖絵等を見ます。

室内の撮影は不可ですが、濡れ縁で外を写すことは可能です。
20161130-bishamondo-13.jpg

上と同じ構図で広く撮ったところ。山寺の雰囲気があります。
20161130-bishamondo-14.jpg

20161130-bishamondo-15.jpg

帰りは石段を通らずに坂道を降ります。
桜もきれいなお寺で、この坂道は落花・落葉を踏まないように、整備されています。
20161130-bishamondo-16.jpg

20161130-bishamondo-17.jpg

20161130-bishamondo-18.jpg




毘沙門堂の御朱印をいただいてまいりました。(その2)

仁王門の内側から撮影した提灯
20161130-bishamondo-6.jpg
家内:だいはんにゃかい。
当主:だいはんにゃえ、と言いなさい!
大変恐縮でございますが、ここで宣伝をひとつ。
大般若経のご用命は京都室町の山田保延堂まで。
分売も承ります!

20161130-bishamondo-7.jpg

20161130-bishamondo-8.jpg

20161130-bishamondo9.jpg

20161130-bishamondo10.jpg

20161130-bishamondo11.jpg



毘沙門堂の御朱印をいただいてまいりました。(その1)

20161201-bishamondo-goshuin.jpg

石段がすてきなお寺です。
20161130-bishamondo-01.jpg

シャッターチャンスを待つ当主。家内はとっとと石段を上がりました。
20161130-bishamondo-02.jpg

左の仁王さん(たぶん吽)
20161130-bishamondo-03.jpg

右の仁王さん(たぶん阿)
20161130-bishamondo-04.jpg
「お前たち、仏敵ではあるまいな?!」

当主が正面から撮りたがったのはこの提灯。参拝客が次々通って無理でした。
20161130-bishamondo-05.jpg



 | HOME | 

プロフィール


山田保延堂(YAMADAHOENDO)(やまだほうえんどう)

Author:山田保延堂(YAMADAHOENDO)(やまだほうえんどう)
京都・室町二条にて、手づくり御朱印帳と大般若経本の製造販売に従事しております。

明治後期より、同じ場所で、木版印刷によるお経本を作り続け、現当主で四代目になります。

御朱印帳は、工程に合せた濃さの糊を少量ずつ焚き、数日で破棄するなど、多くの部分でお経本作りと同じ製法で、一冊一冊手作りしております。

実店舗においては、お客様のお持ち込みの紙または布でも別料金にて作らせていただいております。

どうぞお気軽にお越しください。
・・・・・・・・・・・・・・
《住所》京都市中京区室町通二条下る蛸薬師町270
《郵便番号》〒604-0021
《TEL》075-231-5408
《Email》yamadahoendo@yahoo.co.jp (お仕事のメールはこちらにお願いします。)
《アクセス》京都市営地下鉄烏丸線・東西線烏丸御池下車、2番出口から直進・最初の信号を右折、最初の四つ角を直進、右側。(「然花抄院」様向かい)


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク


このブログをリンクに追加する


検索フォーム



RSSリンクの表示