FC2ブログ


京都・室町二条 山田保延堂

京都で大般若経本と御朱印帳を手作りしています。

山田保延堂の御朱印帳についてのご説明

かわいい表紙ばかりお見せしてきて、今まであまりしてこなかった山田保延堂の御朱印帳の説明をしようと思います。

サイズ ほとんどが16cm×11cm、時々18cm×12cm

体裁 蛇腹式、二重折り(手折り)
   技術的に三重に折ることも可能ですが、スリムに持ち歩いていただきたいという理由から、二重に折らせていただいています。
   二重の場合は、たまに、神社様やお寺様で、墨をたっぷり筆に含ませてお書きくださった場合、裏に沁みる場合がございますが、それが墨書の特徴だと思います。

20161103-ura-tappurinosumi.jpg

表紙 著作権の問題がない素材和紙、古い着物地、無地の布等

表紙の芯紙 
   しっかりした板紙
   これは当店の大般若経などのお経本に使っているものと同じ板紙です。
   ちなみに板紙が開発される前は、お経本には極薄に剥いだ木を使っていました。
   本年より製造を開始した御朱印帳には、最初から板紙を使用しております。

中紙 毛筆書きに適した奉書紙

ひとつひとつ丈夫に手づくりしており、スックと立てて置くことができますよ。



 | HOME | 

プロフィール


山田保延堂(YAMADAHOENDO)(やまだほうえんどう)

Author:山田保延堂(YAMADAHOENDO)(やまだほうえんどう)
京都・室町二条にて、手づくり御朱印帳と大般若経本の製造販売に従事しております。

明治後期より、同じ場所で、木版印刷によるお経本を作り続け、現当主で四代目になります。

御朱印帳は、工程に合せた濃さの糊を少量ずつ焚き、数日で破棄するなど、多くの部分でお経本作りと同じ製法で、一冊一冊手作りしております。

実店舗においては、お客様のお持ち込みの紙または布でも別料金にて作らせていただいております。

どうぞお気軽にお越しください。
・・・・・・・・・・・・・・
《住所》京都市中京区室町通二条下る蛸薬師町270
《郵便番号》〒604-0021
《TEL》075-231-5408
《Email》yamadahoendo@yahoo.co.jp (お仕事のメールはこちらにお願いします。)
《アクセス》京都市営地下鉄烏丸線・東西線烏丸御池下車、2番出口から直進・最初の信号を右折、最初の四つ角を直進、右側。(「然花抄院」様向かい)


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク


このブログをリンクに追加する


検索フォーム



RSSリンクの表示